正直な政治を考える安心を取り戻す〜暮らしの再生

NEWS&TOPICS

最 新 記 事

バックナンバー

2017/08/06/Sun

心身一如を求めて

大臣に就任させていただき、初凱旋で久しぶりの一宮です。
この地域で少林寺拳法を広め、地域に貢献できる若者を育てたく今から約50年前に設立した少林寺拳法の道院「新潮道院」。
三代目を就任していただく予定の現一宮中部道院道院長の北川道院長。
彼は幼少期の頃に新潮道院に入門。
そして十年ほど前に一宮中部道院を開設。
皆様には知られていませんが、少林寺拳法の道院長とは、単純な技芸教授ではなく、
しっかりとした定職を持ち、技術ができるから先生になれるといったものではなく、強烈な使命感に裏打ちされた覚悟が必要なのです。これを二道院といえばとんでもない責務になるのですが、私の父である「真澄」より命名された「新潮道院」。
三代目をの依頼を快諾してくれた北川博康道院長にお願いし、大臣就任で改めてその覚悟を持って進む覚悟で心身一如を改めて体感させていく意味も含めて私の原点でもある「少林寺拳法」の道院に参座させていただきたく一宮中部道院訪問させていただきました。弟子である北川道院長そして孫弟子たちとのひと時に改めて心身一如の必要性を感じることができました。

一覧に戻る